yurikologo.jpg 
 
最終更新日
2018.4.9








県中央メーデー参加
    憲法改悪ストップ・働かせ方改悪阻止

0513top.JPG
  5月1日、霞城公園で開催された県中央メーデーの集会とデモ行進に参加しました。
メインスローガンの最初に「安倍九条改憲反対、戦争法廃止!市民と野党の共闘で安倍政権退陣を、公文書の隠蔽、改ざん・ねつ造許さない!あたりまえの政治を国民の手に取り戻そう」とあげられています。主催者あいさつ、連帯のあいさつリレートークも「8時間働けば暮らせる社会の実現」「貧困と格差の是正」「安倍9条改憲ノー、憲法が生きる社会を」などの言葉が並びます。強いように見える安倍政権ですが、矛盾が見える化し、追いつめられています。
参加者それぞれが「政治を私物化する安倍政権の退陣を求め、職場や地域から共同のたたかいや運動を広げよう」との思いを共有し、団結を固めあったメーデーとなりました。
 


総合的に判断し県予算案に賛成

 県議会2月定例会は、2月19日から3月16日まで開会され、新年度予算案を含む全議案を原案通り議決しました。
 3月14日には、日本共産党県議団を代表して特別職給与引き上げに関する条例に、私、渡辺ゆり子が反対討論を行い、15日には、関徹県議が「2025年の国際博覧会の誘致に関する決議」に「進められている博覧会構想は、万博とカジノを中心とした統合型リゾート設置をセットにしたもので問題があり、県民合意は得られない」と反対討論を行いました。 2018年度(平成30年度)県予算案については、懸念する事案があるものの、県民と党県議団が要求してきた事業が一定盛り込まれており、「県民の生命と暮らしを守る」との姿勢を評価し、総合的に判断して賛成をしました。
 議会最終日の16日には、これら新年度予算を含む2月定例会についての日本共産党県議団の見解を発表し、吉村美恵子知事に手渡しました。同日は、副議長選挙や議員の役職や所属の変更が行われました。

議員・知事などの特別職の給与引き上げ」に反対

 3月14日、特別職給与引き上げに関する条例に対して反対討論に立ちました。反対理由として、「働く人の実質賃金は低下し、経済格差は広がっている」「社会保障制度度の改変(介護保険料、後期高齢者医療保険料の引き上げなど)で県民負担増が必至である」「県民の営業や生活不安の声がある中で特別職の給与引き上げについては県民の理解が得られない」と述べました.

honkaigi0409.jpg

 
TOPページ履歴

住所 〒990-2345  山形市青田2−10−5
TEL023-642-2365 E-mail yuriko.w@vega.ocn.ne.jp

since(07.07.11)
   
    新着ニュース